20代におすすめ!金持ち父さん貧乏父さんを読んだ男の10年後の人生

richdad01

20代に読んでおいて良かった本は金持ち父さん貧乏父さんです。

ただこの本を読んで終わるのではなくて行動した友人は人に雇われないという生き方を手に入れています。

この本を20代前半で読んで10年以上経ちますが、友人の1人は不動産とは関係がない仕事をしていましたが、この本を読み終わるとなるほどね〜っと言って本をわたしに返してくれました。

しばらくしてその友人はボロい小さな不動産を手に入れていました。

もう1人の友人も金持ち父さん貧乏父さんを読んですぐに仕事を辞めてパチンコで生活し始めたました。

彼はいつもいつも会うたびに、身体が2つあったらもっと多く楽に稼げるのにとよくいっていました。

本を読んで10年以上経った現在の友人の様子はというと

小さな不動産を購入した友人は不動産を売り買いを何度もしてお金と銀行からの信用を得て不動産会社を経営しています。

パチンコでご飯を食べていくと覚悟を決めた友人は人に手伝ってもらい利益を上げてサラリーマンの年収をはるかに超えています。

しかし社会的な信用がまったくないため銀行からお金を借りる事が出来ないのでレバレッジが利かせれなくてちょっと後悔しているようです。

本を読んで10年が経ち、私もサラリーマンをしながらですが今年はじめに個人事業主になりました。

ぜひ20代のうちに読んでおいてほしい本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です